L-シトルリンの成分

L-シトルリンの成分

L-シトルリンという言葉はまだ聞きなれない人も多いのではないでしょうか。L-シトルリンはすいかから発見された栄養素です。スーパーアミノ酸とも呼ばれていて、アミノ酸の一種でもあります。タンパク質として人間の体内に存在するアミノ酸は体にとって非常に重要な成分です。

 

すいかといえばウリ科の植物ですが、L-シトルリンはウリ科の植物に多く含まれる成分だとも言われています。すいか以外にも、ゴーヤやきゅうり、冬瓜、メロンに含まれていて、食品ということで安全性も高く安心して摂取することができます。

 

すいかの原種とも言われるカラハリ砂漠で育つ野生のすいかに特に多く含まれているそうで、とても強い紫外線を浴び、乾燥している環境の中で生き抜くためにシトルリンはとても重要な成分であり、それを人間の体に取り込むということは健康や美容に役立つと考えられています。

 

ただ、たくさんの量のL-シトルリンを食べ物から摂取するということは難しいので、サプリメントを利用している人も多いようです。

 

また、一酸化窒素の生産を促し、血管を拡張する効果があります。その他、冷えやむくみの解消、血流を改善する効果、疲労回復、精力、筋力の増強、女性には嬉しい美肌効果がある成分でもあります。

 

2007年に日本で食品成分として利用が可能になり、現在は健康食品として注目されています。フランスなどの欧州では医薬品成分として、アメリカではサプリメントとして摂取する人が多いそうです。